指揮者 田中祐子 YukoTanaka PROFILE
指揮者 田中祐子 プロフィール
  • 指揮者 田中祐子 Profile Photograph
  • 田中 祐子 / Yuko Tanaka

     

     

    1978年愛知県名古屋市生まれ。

     

    東京音楽大学指揮科(特待奨学生)卒業後、東京藝術大学大学院指揮科修士課程を首席で修了。指揮を尾高忠明、広上淳一、高関健、汐澤安彦の各氏に師事。ピアノを隈本浩明氏に、チェンバロ・通奏低音を大塚直哉氏に師事。東京国際コンクール「指揮」入選、ブザンソン国際指揮者コンクールのセミファイナリスト、ショルティ国際指揮者コンクールのセミファイナリスト。

     

    これまでに、読響日本交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、札幌交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、京都市交響楽団、広島交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、山形交響楽団、群馬交響楽団、など定期的に客演を続けている。

     

    幼少期から児童合唱でのコレペティトールの経験を活かし、歌の分野でも定評があり、日生劇場、東京室内歌劇場、日本オペラ振興会等で副指揮者、プロンプターとして初演に携わる等、約10年間に渡り音楽スタッフとしても多くの公演を成功に導く。

     

    2013年1月には、前年行われたマタチッチ国際指揮者コンクールでの審査員の目にとまり、クロアチア国立歌劇場リエカ管弦楽団に招かれ海外デビュー。

    2015年4月には藤原歌劇団本公演ヴェルディ:歌劇「椿姫」の指揮者として抜擢され、念願のオペラデビューを果たす。

    2016年7月は山形交響楽団定期演奏会、2017年3月には日本オペラ振興会本公演、原嘉寿子:「よさこい節」(於:新国立劇場、演出:岩田達宗)の登壇が決まっている。

    NHK-FM「名曲アルバム」やNHK-Eテレ「らららクラシック」での出演も頻繁で、好評につき多数再放送されている。

     

     

    NHK交響楽団首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィ氏のオーディションにより、2015−2016年の公式アシスタントを務め、マーラー:交響曲第2番「復活」の別楽器群の指揮を振るなど、公演を成功に導く。

     

     

     

    株式会社AMATI所属

    http://www.amati-tokyo.com

     

    田中祐子公式Twitter

    http://twitter.com/@yukolin78